短距離逃げ馬はやっぱり鉄板!?

短距離逃げ馬はやっぱり鉄板!?

最も期待できる馬券は短距離逃げ馬

逃げ馬といってもスタートが大事

スタートを失敗せず、脚質が逃げの競走馬をまずは知っておきましょう。

その競走馬が短距離に出走した場合は間違いなく狙い目

短距離逃げ馬の成績が以下になります。

勝率:23.2%
連対率:38.7%
3着以内:48.2%

1000m~1300m戦で、上記のデータがあります。

さらに、短距離逃げ馬の狙える条件があります。

・逃げ馬の勝率が平均的に高い競馬場は京都競馬場
・武豊騎手が短距離戦で逃げ馬に騎乗した際の勝率が高い
・種牡馬は「サウスヴィグラス」「ヨハネスブルグ」に注目しよう

短距離逃げ馬で勝負してはいけないレースもある!

それは、G1レース!

レベルの高い競走馬が集まり、逃げ馬が簡単に勝利出来ていない結果になっています。

まとめ

人気薄の競走馬でも勝利することがあるので、短距離戦の逃げ馬が人気薄なら高額配当的中の期待が持てる!

単勝回収率も高く、一般戦などで勝負するのはアリアリです!

ただ、逃げ馬でもスタートで遅れなどでいきなり撃沈することもあります。

さすがにそこまで読めない。読めれば良いが。

今までは差しなどで走っていた競走馬も、短距離ということで逃げで勝負してくることもあります。

それが読めれば競馬で勝ち組!?になれるでしょう。

最後に、鮫島克駿騎手が逃げ馬の騎乗が得意らしいので、高額配当が狙える騎手である。

タイトルとURLをコピーしました