阪神競馬場

阪神競馬場

所在地情報

住所:兵庫県宝塚市駒の町1ー1
入場料金:200円
交通:「阪急今津線仁川駅」徒歩5分

コースの特徴

・ゴール前の直線は長く、急な坂もあるため最後まで全力で走るための対策が必要なコース
・コースは広々としているため、競走馬は走りやすい。そのため、力のある競走馬が勝利しやすくなっており、実力馬が勝利しやすく真の実力が問われるコース
・芝の内回りはクセのある作りになっているため、騎手の実力次第で穴馬も活躍することがあります。

主な開催レース

・桜花賞
・宝塚記念
・大阪杯
・阪神ジュベナイルフィリーズ
・朝日杯フューチュリティステークス
・阪神大賞典
・阪神カップ
・神戸新聞杯

攻略ポイント

・芝1400mは直線が少し短い
内回りになるので直線が外回りと比べて短いので、差しが届かないことがある。ということで、先行馬が勝利する確率が高いと言われています。

・芝1600mは実力勝負
コースも広く、コーナーの角度も緩い。枠に関しても内外の有利不利はあまり影響がなく、最後の直線も長いので差し馬でも充分届くコース。実力のある競走馬、好調馬が活躍することが多い。

・芝2200mは展開が重要
内回りなので直線が短く先行狙いの競走馬が多くなる。早めに先頭グループに入り、長く脚を使って成績を残している競走馬が多くなっています。しかし、先行狙いの競走馬が多ければ自然とハイペースになることがあるので、その際は差し馬にもチャンスが生まれる展開となります。

・ダート1800mはパワーが必要
他場よりもタフなコースとなっているため、瞬発力よりもパワーで粘り強く走り続けることができる競走馬が勝利していることが多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました